川崎市八ヶ岳少年自然の家
ホーム 施設紹介 活動プログラム/イベント ご利用について リンク集 お問合せ
八ヶ岳だより
No.56 2016.3 PDFファイルダウンロード(約1.9MB)
施設紹介(多目的広場)
自然の家にある「多目的広場」は、学校の自然教室などでキャンプファイヤーを行う場として利用されることが多い場所です。キャンプファイヤーでは、点火したファイヤーの灯りに集い、ゲームなど様々なスタンツをおこない盛り上がっています。そんな多目的広場に、今回、キャンプファイヤーなどで使えるように、新しく木のベンチを設置しました。
腰かけるところが木製なので、座りごこちもよくのんびりできます。
ベンチを設置したら多目的広場の雰囲気も今までとは変わった気がします。
ベンチはキャンプファイヤーのとき以外でも座れますので、利用されたときにぜひ座ってみてのんびりと疲れをいやしてください!!
近隣紹介【稗の底村址】
稗の底村は、富士見町の村々の中でも最も高い標高1200mのところにあった村です。
気候が寒冷で作物が育たないなどの事情で、江戸時代に村の人々が近くの村へと移ってしまい、廃村となりました。
現在、その跡が自然散策路となっています。
自然散策路となっていますが、周辺と変わらず林の中で、人があまり入らない閑静な場所です。
水が多く湧き出て流れているところもあります。
村の跡といっても、復元した住居があったりとかいうようなところではないのですが、当時石を並べて置いたところとか石祠が残っていて、それにより当時の面影を感じることができます。
そんな昔の人々の生活を思い浮かべながら、ゆっくりと静かに自然の中を散策してみたくなるようなところです。
主催事業のお知らせ
川崎市八ヶ岳少年自然の家では、八ヶ岳の自然をいろいろな形で楽しんでいただきたく、平成28年度につきましても様々な主催事業を計画しています。
八ヶ岳近隣をトレッキングする「八ヶ岳ぐるっとハイキング」を始めとして、木など自然の素材を使ってもの作りをする「森の工作教室」等々、いろいろな主催事業を行う予定です!
詳細につきましては、自然の家のホームページにその都度掲載いたしますので、ご覧ください。

費用、内容、申し込み方法等、詳細については、ホームページをご覧になるか、お問い合わせください。
あとがき
今年の冬は、雪が降るのが例年に比べて少なかったです。
3月には、ときどき春を感じる暖かい日もあり、花が咲くのも早いように感じました。
28年度になると、4月からこの諏訪地域では御柱祭りで盛り上がります。地域の方々が、小さい子から年配の方々まで幅広く大勢参加します。
28年度もまた、自然の家をご利用ください!!(D)
前のページ  
2/2

八ヶ岳だよりNo.55
最終更新日:2016年05月10日
トップページへ 前のページへ 目次ページへ ページの先頭へ
Copyright (c) Kawasaki Municipal Nature Center of Yatugatake, All rights reserved.