川崎市八ヶ岳少年自然の家
ホーム 施設紹介 活動プログラム/イベント ご利用について リンク集 お問合せ
川崎市八ヶ岳少年自然の家ブログ

2017年 | 2016年 | 2015年 | 2014年 | 2013年 | 2012年 | 2011年 | 2010年 | 2009年 | 2008年 |

1 | 2 | 3 | 4 |



投稿日:2017年04月22日
タイトル: クライミングウォールができました
4月22日(土)晴れ 12:00 気温15℃
 少年自然の家のセンターハウス内第1プレイホールにボルダリング体験ができるクライミングウォールが完成しました。
 ボルダリングとはフリークライミングの一つで、自然の中ではおもにマットを敷き小さい岩をフリーで登る活動を言います。当施設にできたクライミングウォールは高さが約1.8m、横がL字型に近い変形コの字型で横方向の長さが計約5.4mあります。形状からも横移動型の施設で手軽にボルダリング体験・練習ができるものとなっています。自然の家をご利用の際はぜひチャレンジしてみてください。(K)


投稿日:2017年04月20日
タイトル: 石窯ピザ作り
4月20日(木) 晴れ  16:55時 気温13℃
今日は、ピザ窯を使って石窯ピザを作る研修をしました。
作ったのは、ミックスピザ(サラミソーセージと玉ねぎとチーズ)と、デザートピザです。デザートピザは、果物に蜂蜜味を加えて焼きました。今日の材料は、職員のアイデアで持参しました。
作り方は、まず釜が400℃近くになるまで薪を燃やします。石窯が高温になるのに時間がかかります。その間に、ピザ生地を作ります。生地の材料は、小麦粉・イースト・オリーブオイル・砂糖・塩などです。生地が発酵し、ほどよく膨らんできたら、麺棒で伸ばしピザソースやお好みの具を乗せます。最後にチーズを乗せてピザ窯に入れます。
3分もしないうちに、本格的なピザの出来上がりです。
焼くまでに時間と手間がかかる分、美味しさも格別でした。#^.^#  (Ⅿ)


投稿日:2017年04月19日
タイトル: カタクリの花
4月19日(水曜日)  天気:晴れ  11:30時 気温:13℃
カタクリが咲きました。
《スプリングエフェメラル》
直訳すると「春のはかないもの」「春の短い命」というような意味で、「春の妖精」とも呼ばれます。春先に花をつけ、夏まで葉をつけると、あとは地下で過ごします。
または、春植物(はるしょくぶつ)ともいわれます。木の葉が茂る前の明るい森の中でいち早く花を咲かせ、種を作ると休眠してしまう植物のことです。
所内ではいこいの森でカタクリやニリンソウを見ることができます。


投稿日:2017年04月11日
タイトル: また4月の雪!
4月11日(火) 天気:雪  14:20時 気温:1℃
再び、4月の雪になりました。
朝から小雨まじりの雪が降っていましたが、お昼前から積もりはじめ、自然の家は、あっという間に銀世界のおとぎの世界に変身しました。
ある人は、この雪を「なごり雪」と呼び、ある人は、「シャーペット」と言い、それぞれに今年最後になるかもしれない雪の景色を感慨深く眺めていました。
昨日までは、「もう春だね」「暖かいね」と話しながら、いよいよ始まる自然教室野外炊飯の準備をしていましたのに、今日は、「明日の学校の生徒たち、風邪をひかないかな」と、心配する声も聞かれました。戸外の気温は1℃、寒いはずです。雪で野外炊飯用の薪が濡れてしまうので、今日のうちに職員で、必要な薪を屋内へ運び入れました。
明日は、晴れ☀だそうです。職員一同、万全の準備をしてお待ちしています。  (Ⅿ)


投稿日:2017年04月10日
タイトル: 観音平へ行ってきました!
4月10日(月) 天気:晴れのち曇り  17:00時気温:7.1℃

4月より新しく自然の家のスタッフになりました^^
よろしくお願いいたします。
観音平周回コースの実地踏査に行ってきました。
自然教室では、小学校・中学校とも同じ観音平コースとなっています。
自然の家を出発したのが、午後1:00、別荘地を右に見て樹林帯の中を進みます。
小さな沢を越えて広い防火帯に出ると、そこからはほぼ真っ直ぐに直登します。
ちょっときついけど、すこしくらいきついほうが登山らしいのではないでしょうか。
カラマツ林の間をひたすら登ると、目の前に編笠山、後ろに甲斐駒ケ岳がみえます。
春は若葉、秋は黄葉のカラマツ林の美しさを想像して歩くと軽く汗ばんできます。
約1時間で登りきると、車道に出ます。冬季閉鎖中なので、道は雪が残っていました。この先、約10分間歩いて行く途中の富士見平からは、南アルプスや茅ヶ岳が見渡せ、ビューポイントになっています。景色が良いので疲れも飛んでいきました!
1時間10分で観音平に到着。ここは編笠山の登山口で、シーズンになると駐車場は早朝から車でいっぱいになる所ですが、今はだれもいません。ここまで登山者の方々に会うこともなく、静かな登山道でした。
山頂近くにあるヒカリ苔の看板辺りには、まだまだ雪が多く観音平(1580m)まで登山したことを実感できました。
下山はこの樹林帯の中を真っ直ぐに下りていきます(写真のような)段々と標高が下がるにつれて、雪がなくなり、左右にカラマツ林を見ながら、南アルプスの絶景が広がる中を足取りも軽やかに下ります。出発して2時間ちょっと、無事に自然の家に戻りました。楽しかったです!!(松浦)


1 | 2 | 3 | 4 |
最終更新日:2017年04月22日
トップページへ 前のページへ ページの先頭へ
Copyright (c) Kawasaki Municipal Nature Center of Yatugatake, All rights reserved.