川崎市八ヶ岳少年自然の家
ホーム 施設紹介 活動プログラム/イベント ご利用について リンク集 お問合せ
川崎市八ヶ岳少年自然の家ブログ

|<< | 2022年 | 2021年 | 2020年 | 2019年 | 2018年 | 2017年 | 2016年 | 2015年 | 2014年 | 2013年 |  |>>|

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 |



投稿日:2022年12月02日
タイトル: 初凍り
師走になりました。 数日前までは日中はうらうらと暖かい日もありましたが、さすがに
12月です。ついに北風小僧がやってきました。 自然の家の本日の最低気温は−2℃。
星棟の前にある池が凍っていました。 外に出るには帽子、マフラー、手袋がないと寒いです(+△+)そして3時を過ぎるとぐっと温度が下がります。八ヶ岳へお越しの際は暖かくしてお越しください。   <イワシー=3


投稿日:2022年11月30日
タイトル: 冬のご馳走と言えば…
11月も半ばを過ぎ小学校の自然教室も無事に終わり、ほっと一息…。
かと、思いきややるべき事はまだまだ沢山あって、忙しい間は目をつぶっていたあれこれを
年末ダッシュが始まる前までに終わらせなくてはいけません。その中のひとつにずっとキャンプセンターの横に積まれたままだった壊れた木の椅子やテーブルの片づけがありました。
これを燃やして処理することになり、ただ燃すのでは勿体無い!と言うことで有志(??)がお芋を持ち寄り焼き芋も試すことに。中には玉ねぎを持ってきた人もいて焼き玉ねぎ?
焼き芋は意外にもホクホクになるには時間が掛かると言うことが判明!そしてそして、焼き玉ねぎが事のほか美味しかった!キャンプメニューにいいのでは?!とスタッフ間で盛りあがりました。ぜひ、機会があったらやってみてください! ちなみに焼き芋も最後の方は、ごらんの通り! 野外の焼き芋は格別でした(^。^)  イワシー=3@


投稿日:2022年11月16日
タイトル: 初冬の景色
11月も半ばを過ぎて自然の家も晩秋から初冬へと季節が移り替わってきました。
紅葉が終わり、落ち葉が舞い散り地面をふかふかの毛布の様に覆っています。
それと同時に、すっかり空が広くなりました。 ああ、冬が来るんだなぁ〜と感じます。
そろそろ、雪がいつ降るのかが気になります。車のタイヤ交換をしなくてはなりません。
今月末くらいかなぁ〜と、毎年交わされる話題です。   (イワシー)=3


投稿日:2022年11月11日
タイトル: たね・タネ・種
毎日お天気が良く、見上げれば八ヶ岳ブルーの青空が広がっています。そして自然の家のそこここで夏の間に沢山の花を咲かせていた植物たちも秋色に変わり、ふと足元を見れば次の季節に向けてたね、タネ、種!すでに撒き終わったもの、まだまだこれからのもの様々な形で生き残りをかけて準備万端!今日はもっこもこのふわふわのタネをご紹介します。掌にポンと乗るような大きさです。ふわふわの根元には小さな種がついています。今はまだ塊ですが、これが日々風に吹かれて解けて一つ一つが羽を広げて空に舞い上がって行き、新天地まで旅をするのです。この種は「フジアザミ」と言う花のタネです。 センターハウスの入口付近にあります。 自然の家にいらしたら探してみてくださいね!       
                               (イワシー)


投稿日:2022年11月10日
タイトル: 今日の自然の家の紅葉
自然の家の紅葉もそろそろ終わりに近づいてきました。赤や黄色、緑色…色鮮やかに輝いていたモミジも今日の風に吹かれてハラハラと散り始め、それと同時に金色に染まっていたカラマツもその葉を落とし始めました。それはさながら金色の雨のようです。所内の道もあっという間に落ち葉が積り、ふかふかの絨毯になります。だけど、喜んでばかりもいられません。一時、目を楽しませてもらったらさて!お掃除、お掃除〜〜〜(^。^)
                                   (イワシー)


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 |
最終更新日:2022年12月02日
トップページへ 前のページへ ページの先頭へ
Copyright (c) Kawasaki Municipal Nature Center of Yatugatake, All rights reserved.